丸刈り(坊主)が似合う人

--------------------------------------------------------------------------------

丸刈り(坊主)にしたいけれど自分は似合わない
のではないか?と心配している人も多いと思います。
確かに丸刈り(坊主)が似合う頭の形・顔の輪郭などは、
私が感じる限りはありそうです。

だからといって丸刈り(坊主)は絶対止めた方が良い
という人がいる・・・という訳ではありません。丸刈り
(坊主)が、比較的似合うかどうかということです。

ここでは、丸刈り(坊主)が比較的似合う人の傾向を
独断と偏見を交えて考察してみます。

丸刈り(坊主)が似合う人

●顔が小さめの人
やはり丸刈り(坊主)には小顔が似合います。
髪の毛が少ない分、顔のインパクトが強くなるから
だと思われます。

●絶壁でない人
頭のかたちは絶壁ではなく、多少丸みを帯びている
方が似合います。俗に言う頭のかたちが良い人です。

●比較的彫りが深い顔の人
目鼻立ちがはっきりしている人は比較的、丸刈り(坊主)
が似合うと言われています。ただ個人的には醤油顔の
さっぱりした顔立ちでも似合うと思います。

●比較的卵型の顔の人
顔のかたちは卵型の人が比較的似合う様です。また多少
四角型でもワイルドな雰囲気で似合うとも言われています。

●身体を鍛えている人
身体が貧弱だと、どうしても貧相に見えてしまうようです。
体型は努力すれば結果がついてきます。

●比較的首が太めの人
ガッチリとした感じ、ワイルドな雰囲気で似合いそうです。

明治維新後の1871年9月23日(明治4年8月9日)に散髪脱刀令が布告され髷が禁止された。また、バリカンの輸入によって丸刈りという新しいスタイルが誕生し、認知されるようになった。さらに1873年(明治6年)に徴兵令が公布されると、軍人の髪型である丸刈りが国民に定着していくこととなった。軍人の丸刈りは俗世間からの訣別の気構えや規律の維持などの他に、頻繁な入浴が困難な野戦における虱や頭垢の予防といった衛生上の目的、戦闘で頭部を負傷した場合の手当てのしやすさ、軍帽・略帽や鉄帽着用時の蒸れの緩和といった実際上の利点があり、現代でも自衛隊を含む各国の軍隊で見受けられる。

旧陸軍では軍規によって将校(士官)も兵も丸刈りが基本であったのに対し、旧海軍では准士官以上の階級では原則自由として長髪が許されていた。しかしながら、陸軍でも外国大使館附の駐在武官や留学者、私服捜査を行う一部の憲兵や特務機関・中野学校のスパイ、その他一般軍人でも西竹一など一部の将校は長髪であり、海軍では艦船勤務や陸戦隊の士官・准士官を中心に丸刈りが多く、反面飛行兵には比較的長髪の者が多かった。

なお、これら戦前中の日本や日本軍における長髪の定義は戦後現代と大きく異なっており、襟足は伸ばさず耳や目に髪がかからない七三分け、オールバックなどの短髪までが長髪扱いされていたことに注意を要する。また陸海軍ともに陸士・航士・陸経、海兵・海機・海経などといった補充学校における士官候補生/将校生徒を含む、全ての下士官兵は原則丸刈りであった。

学校教育の場においても、大正期に男子学生・生徒の制服が軍服に倣った学生服が標準となり、その流れの中で軍人と同様に男子の髪型は丸刈りが基本とされた。また初等教育の児童の髪型は丸刈りと坊ちゃん刈りの2種類しか無く、農村や都市の庶民層では丸刈りを選択する男子がほとんどであった。

第二次世界大戦中の戦時体制下においては、一般国民も兵士同様の振る舞いと心構えが要求されるようになり、丸刈りの男子はさらに増加するが、太平洋戦争敗戦による軍隊の解体もあり、成人男性における髪型の規制は基本的に消滅した。1960年代の後半には高校の大半でも長髪が認められるようになり、丸刈りの強制は中学校にのみ残存することとなる。

地域によっても事情が大きく異なるが、1990年代初頭までは「服装の乱れの防止」という名目で、男子生徒に対する丸刈りを校則で強制する中学校も多かった。元々髪型の指導がない学校が「非行防止に効果がある」と丸刈り強制に転じた学校もあった。その中学校においても都市部を中心として頭髪の自由化は徐々に進行し、現在では長髪を認めない学校はごく一部となっている。

神戸市は都市部として最後まで中学校での丸刈りを堅持しようとする姿勢で有名だったが、校則での丸刈り強制を人権問題と考える弁護士も介入し、丸刈りを強制する中学校はなくなった。ただ、地方においては現在もなお丸刈りを指定する学校は存在する。鹿児島県では公立中学校の1/3あまりが採用しており、奄美群島に偏在している[4]。





水泳選手の北島康介も丸刈りにしている
また、長い間学校におけるスポーツ関係の部活動、中でも高校野球(硬式)では丸刈りを強制される事例があり、頭髪が長いと入部が認められない場合もある。かつて1993年のJリーグ発足の頃、長髪を容認する文化をもつサッカーの人気が高まったためか、丸刈りの強制を中止する野球部が見られたこともあった。しかし、一時のサッカー人気が薄れたこともあり、現在においては再び丸刈りにする高校球児が多く見受けられるようになり、スポーツ刈り以上に長めの髪型にする高校球児の数は限られる。また、高校サッカー界においては、戦後最多タイの選手権優勝回数を誇る国見高校が、小嶺忠敏元監督の影響もあって丸刈りが入部条件となっている[5]。

刑務所・少年院の受刑者においては、男子に対してのみ丸刈りが画一的に課せられている。一方で大抵の場合、死刑囚(男女問わず)や女子受刑者は髪型が自由で、収監時に染髪されている状態だった場合はそのままでいることが黙認されている。2005年に改正された法律により「受刑者に対する意に反する調髪は衛生上の必要性を除く調髪する必要は無い」とされているものの、「衛生上の必要」という名目で男子に対して丸刈りが強制されている[6]。

なお、丸刈りを禁止する学校や校則は存在しないが、一部の企業や職種において丸刈りやスキンヘッドが「禁止」または「非推奨」とされているところもある。これは丸刈りが右翼団体(彼らは旧陸軍の姿勢を是とする)や暴力団構成員の一部に好まれる髪型と広く認識されていることなどによる。

また、タレント、スポーツ選手、アーティスト、一般人などで「ファッションや個人の嗜好」により「自主的な丸刈り」にする者もいれば、水泳やスクーバダイビングなど、髪をぬらすスポーツにおいて、競技・遊技後のシャンプーなど手入れが楽で衛生的、という理由から丸刈りにする者も今昔を問わず広く存在する。

誰かに対して大きな過失を負い迷惑をかけてしまった場合や、公約を達成できなかった場合、“頭を丸める”という自省の意味で丸刈りにする行為が見られる[要出典]。例としては、2008年北京オリンピック・野球予選リーグ初戦・キューバ戦の敗戦を受け、ダルビッシュ有、田中将大、川崎宗則及び阿部慎之助が、「気合を入れなおす」という目的で相次いで頭を丸めた[7][8]。2009年、宮根誠司は東京マラソンにおいて4時間30分以内で走る約束を果たすことができず、生放送の『情報ライブ ミヤネ屋』で公開丸刈りになった[9]。2013年、日本のアイドルグループ・AKB48の峯岸みなみが、週刊誌で熱愛疑惑を報じられたことに謝罪して丸刈りとなった出来事は、海外でも報道され[10]、「日本においては謝罪の意味での丸刈りがある」との解説がされたり、「異様に映る」とコメントされているものもあった[11]。丸刈りで謝罪した理由について峯岸は「謝意を目に見える形で伝える方法として浮かんだのが『坊主頭』だった」と後のインタビューに於いて語った[12]。【短髪・ショートヘアが似合うタイプ】
•頭の形(特に後頭部)がきれい
•髪が固め、太め
•色黒
•骨格がはっきりしている
その他、短髪が向いている人の条件には以下のようなものがあります。短髪と頭の形
•頭の形が良い(表面が滑らかで、後頭部がキレイな丸いラインを描いている)
→逆に頭がでこぼこしていたり、後頭部がまっすぐ(絶壁)だったりといった人は向かないため、ある程度長めのショートが良いでしょう
•まゆ毛の形がきれい
短髪と眉毛の形→眉毛が薄すぎず、濃すぎず、直線的な眉が似合います。太さが気になる人はきれいにカットすると良いでしょう。あまりに綺麗に作りこまれた眉は不自然な感じを与えますので、やりすぎずにあくまで自然な形を演出しましょう。

他にも「あごのラインがきれい」とか「目鼻立ちがはっきりしている」といったものもありますが、このあたりは短髪に限ったことではありません。
ただ、短髪ですとそうした部分を、髪の量を増やしたり減らしたりしてバランスをとることが難しいため、長い髪に比べて目立ちやすいのです。
以上です。